ブログ

タトゥーがあっても入浴可能

投稿日:

2019年ラグビーワールドカップ(W杯)開催地の一つである大分県で、多くの外国人観光客の訪問が見込まれる全国有数の温泉地・別府市は、タトゥー(入れ墨)があっても入浴が可能な市内100施設を示す地図を作成し、インターネットで公開を始めました。

大分で試合をするニュージーランドなど、海外ではタトゥーが伝統文化に根ざしている場合もあり、日本では入浴禁止も多く、担当者は「わざわざ来て、がっかりさせたくない」と話しているそうです。

宮崎イングランドの合宿地にも選ばれているので、これからのインバウンド需要も含めたこういった取り組みは重要ではないかと思います。

古民家活用でもインバウンド需要を考慮した取り組みが重要ですね!

-ブログ

Copyright© 全国古民家活用推進協会宮崎支部 , 2019 AllRights Reserved.